シーバス釣りに最適な時間帯は日没と夜明け前の満潮の前後の時間帯

シーバスは、昼でも釣ることは可能です。

しかし釣りやすい時間帯としては、昼よりもやっぱり夜が向いています。

 

夜が釣りやすい理由は、シーバスは天敵から身を守るために暗い場所を好むからです。

昼の明るい時間帯も、シーバスは陰や岩場に隠れています。

暗くなって、天敵から見つかりにくい夜になると活発に行動をするので、
暗くなった時間帯の方がシーバス釣りにには最適な時間になります。

シーバス 横浜

 

しかし暗い時間帯といっても、シーバスが活発になる時間帯には差があります。

一晩中釣りをするのは体力的にも精神的にも辛いので、
釣れる時間帯に絞って、集中的に釣りをする方が良いです。

 

狙う時間帯としては、日の出と日の入り前後の2~3時間が狙い目になります。

 

季節や場所によって日の出と日の入りの時間は異なりますが、
日の出なら午前4時から午前7時ぐらい

日の入りなら午後4時30分から午後7時ぐらいが狙い時です。

 

この時間帯を狙うと、釣果が期待できます。

 

さらに、シーバスは満潮のピークの前後も良く釣れます。

満潮のピークは必ず夜にくるとは限りませんが、
この前後の時間も狙うと良いでしょう。

 

しかし、満潮のピークも日の出と日の入りと同じように、
季節や場所によって大きく異なります。

 

さらに満潮の場合には、地形や天候の影響も受けるので、
必ずしも発表されている予想時刻通りになるとは限りません。

 

釣りの経験が豊富でないと潮の流れを読むのは難しいものですが、
釣りの経験を重ねて見極めるようになってくるとより釣りが楽しくなってきます。

 

当然、潮の流れが読めるようになってくると比例して
シーバスの釣果も上がってきます。

私もですが、日々精進ですね!

これからも宜しくお願いします。

☆シーバスが釣れない時に勉強になった!

ルアー釣り名手[山本典史]のシーバス必釣法

関連記事

釣れるようになった参考書

ページ上部へ戻る