シーバスを釣るなら寒い冬が終わった春が最適な釣りの時期です!

釣りには、魚の種類によって釣果が良い時期は異なります。

スズキとも呼ばれるシーバスの場合には、
寒い冬を終えた後のが最も釣果が良くなる時期と言われています。

 

特に4月から5月頃が最も良く、この時期には良い釣果が期待できます。

春にシーバスが良く釣れるのは、寒い冬から水温が上がってくるからです。

またこの4月から5月という時期は、餌となるバチが泳ぎ回っています。

 

このバチは満月の夜に活発に動き回るので、

4月から5月の満月の夜がシーバス釣りに最も良い時期といえます。

ちなみにバチとはイソメやゴカイなどの虫エサのことを言います。

シーバスは春の大潮の産卵に目掛けて、栄養をたくさん取るために
このバチを狙いに来ます。

 

この時期だけは沢山の栄養を取りたいためにシーバスは、
いつも捕食している小魚やエビをそっちのけで、バチを狙いに来ます。

シーバスを釣る者にとって、春のバチ抜けは絶好のシーズンと言えます。

 

4月から5月を中心とした春の他にも、水温が下がり冬の産卵期を前にした
9月から11月秋もシーバスの釣果が期待できます。

 

最適な時期とは反対に、シーバスの釣果が極端に落ちる季節という方もいます。

特に釣果が落ちやすいシーズンは、夏と冬と言われています。

 

夏に釣果が落ちるのは、水温が高くなるためです。

そのため、釣りのしやすい海水面近くに現われることはなく、
沖にある水深が深い位置に移動をします。

 

釣果が落ちる冬も、夏と同じように沖の深い位置に移動をしますが、
これは夏とは違い産卵期だからです。

 

冬の中でも12月中旬から1月にかけては、全く釣れなくなることもあるほどです。

シーバスを釣りに行くなら、水温が高い夏や産卵期を避け春か秋を選びましょう。

 

ただシーバス釣りは一年中行うことができますが、釣果が全然違います。

特に春の4月から5月頃を中心とした季節を選ぶと、
満足できる結果を期待できるはずです。

 

特にこれからシーバス釣りを始める初心者の方は参考に願います。

最初から何も釣れないのでは、釣れた実感が持てなく
飽きてしまうのは勿体無いです。

 

シーバス釣りのアタックは本当に面白いですよ!

☆シーバスが釣れない時に勉強になった!

ルアー釣り名手[山本典史]のシーバス必釣法

関連記事

釣れるようになった参考書

ページ上部へ戻る