千葉/千葉ポートパーク周辺でのシーバス釣りの醍醐味と特徴

暑い季節になってくると千葉千葉ポートパークでは、

シーバス釣りのシーズンがやってきます。
シーバス釣りとはスズキのことで、

体長は60㎝以上の大きな魚です。
中には、1mにもなる魚もいてその時の引きの強さは、

釣り人にとっても大変魅力があり人気があります。

 

大きな魚ですが、千葉や千葉ポートパークの

岸壁などでも投げ釣りが出来るので、

比較的気軽に出来るのも楽しさの一つです。
釣れる場所は、海から書こうにかけてで時間外は朝まずめ、

夕まずめといわれる日の出や日の入りが最も釣れます
他にも、シーバス釣りは電気浮きを使った夜釣りも出来ます。

 

中でも、人気があるのはルアーを使ったもので

生のエサを使うことがないので、女性にも人気があり扱いやすいです。
慣れている人は、生のエサ釣りの方がより効果が期待出来ます。
夜は、電気浮きを使って光で魚を引き寄せますが、

餌は釣り具屋で購入出来るイソメを使います。
シーバスは針にかかると強く引いて左右に暴れるので、

たまにえらあらいと呼ばれる姿が見られます。

 

これは、竿にかかった魚が海面から飛び上がって

その姿を見せてくれるもので、よく漫画などでも見かけます。

釣り人にとっては、自分の釣った魚が飛び上がっている姿を見ると、

より興奮しますし嬉しいものです。
ただ、えらあらいをされると針から外れやすくなるので、注意が必要です。

最後まで釣られまいとするので、その駆け引きも楽しいものです。

 

釣ったあとは、キャッチ&リリースも

出来ますが食べても美味しいです。

千葉や千葉ポートパークでシーバス釣りを楽しんで、

その味も堪能してみてはいかがでしょうか。

関連記事

釣れるようになった参考書

ページ上部へ戻る