シーバス釣りを東京都内で楽しむために知っておきたい豆知識

東京都内には大井大森エリアお台場有明エリア

葛西新木場エリアと言ったシーバス釣りのポイントが有ります。
東京都内にはプレイスポットとしての楽しさが有ると同時に、

シーバス釣りなどの釣りの楽しさも有ります。

 

東京都内は都会という事からも

自然との触れ合いが少ないと

イメージする人も多いのですが、

大井や大森などのエリアからお台場や有明、

そして葛西や新木場に至る沿岸エリアは

自然が豊富にある東京都内の釣りというプレイスポットでもあるのです。

 

シーバス釣りの醍醐味と言うのは、

魚がヒットした時の駆け引きや、

釣り上げた時の達成感です。
釣れた魚はリリースをしますが、

しかしシーバスと言うのはスズキの事であり、

スズキと言えば高級魚ですからリリースをせずに

食べるという楽しさもあるわけです。

但し、東京湾のシーバス釣りをする時、

釣り上げたシーバスが居つきのシーバスである場合は

臭みが有るためリリースをした方が良いとされているのです。

 

 

ですが、回遊をしているシーバスは

美味しく食べることが出来るという違いがあるのです。
因みに、居つきのシーバスと回遊をしているシーバスの見分け方ですが、

釣り上げたシーバスの魚体が粘ついていたり

口の中が臭い場合は居つきのシーバスですので

リリースをした方が良いと言われているのです。

 

 

東京都内でのシーバス釣りは、

シーバスの引きを楽しめる醍醐味もあれば、

回遊しているシーバスで有れば食べる楽しみも有りますし、

釣りを終えた後はプレイスポットでのレジャーなども満喫出来るのです。

☆シーバスが釣れない時に勉強になった!

ルアー釣り名手[山本典史]のシーバス必釣法

関連記事

釣れるようになった参考書

ページ上部へ戻る