シーバスを釣りを千葉/船橋港で楽しむための道具を選ぶ基準

千葉や船橋港でルアーフィッシングとしても人気があるのがシーバス釣りです。
ルアーは餌の釣りとは違った楽しみもあり、

生のエサを使わないので女性にも人気があります。
ただ、初心者にとってはわからないことがあり、

はじめにくいかもしれません。

シーバス釣りでも、ルアー以外にも色々な道具を使用しますが、

それほど難しく考える必要はありません。
最も大切なのは、千葉や船橋港の場所や時期を選ぶことで、

これを確実に押さえれば強烈な引きと

ジャンプを堪能できるシーバス釣りが楽しめます。

 

シーバスを釣るには道具が必用ですが、

最も基本になるのが専用のロッドです。
曲がり具合のことを調子といい、テーパーといいます。
ファーストテーパーは、先っぽに近いほうから曲がり、

飛距離を出しにくい感じですがルアーにアクションをつけやすいです。

 

レギュラーテーパーは、ファーストとスロゥの中間あたりの感触です。
そして、スロゥテーパーはファーストより飛距離を出しやすいのですが、

ルアーにアクションがつけにくいです。

 

また、長さにも種類がありft(フィート)で表現しますが、

7ftから10ftが一般的です。
初心者の方には8から10ft

レギュラーテーパー・ミディアムライトが丁度よいです。
ただ、長さは千葉や船橋港の場所によって違ってきて、

足場の高い防波堤なら11ftでもよいですし、

背の低い橋の下から橋桁を狙うときには短い方が使いやすいです。
それぞれ、場所にあわせてもっとも使いやすいロッドを選んでいきましょう。

関連記事

釣れるようになった参考書

ページ上部へ戻る